< img src="https://mc.yandex.ru/watch/96881261" style="位置:絶対; 左:-9999px;" alt="" />

高周波 PCB とは何か: 総合ガイド

  • 高周波基板 1
  • 高周波基板-2
  • 高周波基板-3
  • 高周波基板-4
  • 高周波基板-5

グローバルウェルPCBAへようこそ

PCB のプロトタイプと製造の分野で 10 年以上の経験を持つ当社は、品質、納期、費用対効果、その他の厳しい要求の点で、さまざまな業界のお客様のニーズを満たすことに尽力しています。 

世界で最も経験豊富な PCB メーカーの 1 つとして、当社は PCB ニーズのあらゆる側面において、お客様の最良のビジネス パートナーであると同時に良き友人であることを誇りに思っています。
カスタムのお問い合わせ

概要

アイテム リジッドPCB
最大レイヤー 60L
内層の最小トレース/スペース 3/3ミル
アウトレイヤーの最小トレース/スペース 3/3ミル
内層最大銅 6オンス
アウトレイヤーマックス銅 6オンス
最小機械穴あけ 0.15mm
最小レーザー穴あけ 0.1mm
アスペクト比(機械穴あけ) 20:1
アスペクト比(レーザードリリング) 1:1
圧入穴公差 ±0.05mm
PTH 許容値 ±0.075mm
NPTH許容値 ±0.05mm
皿穴許容差 ±0.15mm
板厚 0.4~8mm
板厚公差(<1.0mm) ±0.1mm
板厚公差(≧1.0mm) ±10%
インピーダンス許容差 シングルエンド:±5Ω(≦50Ω)、±7%(>50Ω)
差動:±5Ω(≦50Ω)、±7%(>50Ω)
最小基板サイズ 10*10mm
最大ボードサイズ 22.5*30インチ
輪郭許容差 ±0.1mm
最小 BGA 700万
最小SMT 7*10ミル
表面処理 ENIG、ゴールドフィンガー、浸漬シルバー、浸漬錫、HASL(LF)、OSP、ENEPIG、フラッシュゴールド、硬質金メッキ
戦士の表情 緑、黒、青、赤、マットグリーン
最小ソルダーマスククリアランス 150万
最小ソルダーマスクダム 300万
伝説 白、黒、赤、黄
凡例の最小幅/高さ 4/23ミル
ひずみフィレット幅 /
ボウ&ツイスト 0.3%

高周波 PCB は、効率的で信頼性の高い高速信号伝送を提供するため、高度な通信およびテクノロジー アプリケーションには不可欠です。これらの PCB は 1 GHz を超える周波数に対応するように設計されており、防衛、航空宇宙、通信などの業界に最適です。

複雑な回路を備えた高周波 PCB

高周波 PCB とは何ですか?

高周波 PCB は、高速信号伝送を処理するために設計された特殊な回路基板です。高速で信頼性の高いデータ転送を必要とするアプリケーションにとって不可欠です。

定義と周波数範囲

高周波 PCB は、1 GHz を超える周波数で動作できる能力によって定義されます。アプリケーションによっては、この周波数範囲は 100 GHz 以上にまで拡張できます。これらのボードは、信号損失と干渉を最小限に抑えるように設計されており、データが正確かつ迅速に送信されます。

主な特徴

高周波 PCB には、高速アプリケーションに適したいくつかの重要な特性があります。

高速

高周波 PCB の主な特徴の 1 つは、高速信号伝送を処理できることです。これは、高速データ転送が重要な通信およびデータ処理アプリケーションにとって不可欠です。高速機能により、信号が遅延なく伝送され、システムの効率が維持されます。

低信号損失

高周波アプリケーションでは、信号損失が重大な問題になることがあります。高周波 PCB は、この損失を最小限に抑えるように設計されており、長距離でも信号が強力かつクリアに保たれます。これは、干渉と信号劣化を軽減する特殊な材料と精密な製造技術によって実現されます。

熱管理

熱を管理する 高速アプリケーションでは、熱管理が重要です。高周波 PCB は、優れた熱管理特性を備えて設計されています。他の種類の PCB よりも発熱量が少ないため、寿命が延び、パフォーマンスが維持されます。効果的な熱管理により、高速条件下でもボードが確実に動作します。

高周波PCBの構造

高周波 PCB の構造は複雑かつ高度です。それぞれ特定の機能を持つ複数の層が連携して動作し、最適なパフォーマンスを実現します。

多層設計とその利点

高周波PCBは通常 多層的なこの設計により、より小さなスペースで高密度のコンポーネントと接続が可能になります。多層構造により、ボードが干渉なく高周波信号を処理する能力が向上します。利点は次のとおりです。

  • 密度の増加: より小さなボードに、より多くのコンポーネントを配置できます。
  • パフォーマンスを向上させた: 信号の整合性が向上し、干渉が低減されます。
  • スペース効率: 高度なアプリケーションに適したコンパクトな設計。

レイヤーの詳細な内訳

高周波 PCB の各層には独自の役割があります。これらの層を分解して、その機能について理解を深めましょう。

無線周波数 (RF) レイヤー

RF 層は高周波動作に不可欠です。この層には、信号の受信と送信を担う高周波回路とアンテナが含まれています。この層により、信号が最小限の損失で正確かつ効率的に送信されるようになります。

グラウンドレイヤー

グランド層は回路の基準点となり、外部のノイズや干渉から回路を保護します。この層は信号の整合性を維持し、異なる信号パス間のクロストークを防ぐために不可欠です。また、電磁干渉 (EMI) の管理にも役立ちます。

パワーレイヤー

電源層は回路に電力を供給し、追加のシールドとして機能して回路をノイズから保護し、安定した動作を保証します。適切な電力分配は、高周波 PCB の信頼性の高いパフォーマンスにとって重要です。この層は、電力変動を最小限に抑え、すべてのコンポーネントに一貫した電力供給を提供します。

デジタル回路層

デジタル回路層はデジタル信号処理を担当します。この層はデジタル信号が迅速かつ正確に処理されることを保証し、PCB の高速動作をサポートします。遅延と歪みを最小限に抑えて高速デジタル データを管理するように設計されています。

金色のディテールが施された青色の高周波 PCB

材料選択の重要性

高周波 PCB のパフォーマンスには、適切な材料を選択することが不可欠です。材料は、高周波を効果的に処理するための特定の特性を備えている必要があります。

  • FR-4: コスト効率の高いオプションですが、高周波数では制限があります。
  • テフロン: 信号損失が少なく、高周波処理に優れたパフォーマンスを発揮しますが、価格は高くなります。
  • ロジャース: 誘電率が低く、信号損失が最小限であることで知られており、高周波アプリケーションに最適です。
  • タコニック: 安定した性能と低損失を提供し、高度な PCB 設計に適しています。

高周波PCBの動作原理

高周波 PCB の動作原理を理解することで、現代のテクノロジーにおけるその重要性が理解できます。これらのボードは、信号を効率的かつ確実に伝送するように設計されており、高速アプリケーションで最適なパフォーマンスを保証します。

触らないように注意する標識のある PCB 組み立て機

電磁波による信号伝送

高周波 PCB は、電磁波の形で信号を送信します。これらの波は、損失と干渉を最小限に抑えながら回路を通過します。これらの波を効率的に送信することは、信号の整合性を維持し、正確なデータ送信を保証するために不可欠です。

使い方

高周波信号は電磁波として伝送され、PCB 上の導電性トレースを通って伝わります。これらのトレースは高速信号を処理するように設計されており、信号劣化の可能性を減らします。ボードの素材と設計は、信号損失を最小限に抑え、信号が正確に目的地に到達するために非常に重要です。

信号の受信と送信におけるアンテナの役割

アンテナは高周波 PCB の重要なコンポーネントです。アンテナは信号の受信と送信、およびデータの効率的な通信を担います。

信号受信

高周波 PCB 上のアンテナは、入ってくる電磁波を捕捉します。これらの電磁波は電気信号に変換され、回路によって処理されます。アンテナの設計と配置は、信号受信を最大化し、干渉を最小化するために非常に重要です。

信号伝送

回路が信号を処理すると、アンテナはそれを電磁波として送信します。この送信プロセスにより、信号は最小限の損失と最大限の効率で送信されます。効果的な信号送信には、適切なアンテナの設計と配置が不可欠です。

インピーダンス整合と信号損失の最小化の重要性

インピーダンス マッチングは、高周波 PCB 設計の重要な側面です。これにより、PCB トレースのインピーダンスが接続されたコンポーネントのインピーダンスと一致し、信号の反射と損失が最小限に抑えられます。

インピーダンス整合

インピーダンス マッチングでは、接続されたコンポーネントのインピーダンスに一致するように PCB トレースを設計します。このマッチングは、信号の整合性を維持し、信号が反射や損失なく伝送されるようにするために重要です。適切なインピーダンス マッチングにより、PCB の全体的なパフォーマンスが向上します。

信号損失を最小限に抑える

高周波 PCB は、特殊な材料と精密な製造技術によって信号損失を最小限に抑えるように設計されています。信号損失を減らすことで、これらの PCB は伝送される信号が安定して透明であることを保証し、システムの効率と信頼性を高めます。

高周波PCBの設計上の考慮事項

高周波 PCB の設計には、慎重な計画と細部への配慮が必要です。適切な設計により、高速アプリケーションで最適なパフォーマンスと信頼性が保証されます。

金色のコネクタとコンポーネントを備えたグリーン PCB

適切なルーティング技術の重要性

ルーティング技術は、高周波 PCB における信号の整合性を維持し、損失を最小限に抑えるために非常に重要です。

45度カーブとカーブ

直角曲げの代わりに 45 度または曲線曲げを使用すると、信号の反射と損失を減らすことができます。この技術により、信号伝送がスムーズになり、電磁干渉が最小限に抑えられます。

配線長とビアの管理

信号品質を維持するためには、配線の長さとビアを適切に管理することが重要です。

配線長の短縮

配線長を短くすると、信号の損失と遅延を最小限に抑えることができます。配線が短いほど信号劣化の可能性が減り、より高速で信頼性の高いデータ転送が保証されます。

ビアの最小化

PCB 設計のビアの数を減らすと、信号速度と整合性が向上します。各ビアはわずかな容量とインダクタンスを導入し、信号品質に影響を与える可能性があります。ビアを最小限に抑えると、一貫した信号パフォーマンスを維持できます。

クロストークと電磁干渉 (EMI) の低減

クロストークと エミ 高周波 PCB のパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。

グランドプレーンとシールド

グランド プレーンと適切なシールド技術を使用すると、クロストークと EMI を削減できます。グランド プレーンは信号参照ポイントを提供し、電磁場を封じ込めて干渉を削減するのに役立ちます。

適切な間隔

信号トレース間の適切な間隔を維持すると、クロストークを最小限に抑えることができます。平行トレース間の距離を広げると、電磁結合の可能性が減り、信号の整合性が向上します。

デカップリングコンデンサとグランドプレーンの実装

デカップリング コンデンサとグランド プレーンは、信号品質を維持し、ノイズを低減するために不可欠です。

デカップリングコンデンサ

デカップリング コンデンサを集積回路の電源ピンの近くに配置することで、ノイズを除去し、電源を安定させることができます。これにより、電圧の変動が軽減され、信号のパフォーマンスが一定に保たれます。

グランドプレーン

連続したグランド プレーンを使用すると、ノイズが低減され、信号の整合性が向上します。グランド プレーンは、戻り電流の低インピーダンス パスを提供し、干渉や信号劣化の可能性を減らします。

高周波 PCB の最適化のヒント

高周波 PCB を最適化することは、高速アプリケーションでのパフォーマンスと信頼性を確保する上で非常に重要です。ここでは重要なヒントをいくつか紹介します。

PCB 上の 2 つのプローブのレイアウト図

寸法安定性の維持

寸法安定性は高周波 PCB にとって非常に重要です。さまざまな条件下でもボードのサイズと形状が維持されるため、一貫したパフォーマンスが実現します。

材料の選択

熱膨張率が低く、寸法安定性が高い材料を選択してください。テフロンやロジャースなどの材料は、さまざまな温度や条件下で安定した特性を備えているため、優れた選択肢となります。

製造精度

PCB が寸法安定性を維持するために高精度で製造されていることを確認します。精密な製造プロセスにより、ばらつきが最小限に抑えられ、一貫したパフォーマンスが保証されます。

適切なコンポーネントの配置と間隔

干渉を減らし、信号の整合性を向上させるには、コンポーネントの適切な配置と間隔が不可欠です。

コンポーネントの配置

高周波コンポーネントを戦略的に配置して、信号経路を最小限に抑え、干渉の可能性を減らします。ノイズを避けるために、敏感なコンポーネントを高電力領域から遠ざけてください。

間隔

クロストークと電磁干渉を減らすために、コンポーネント間の適切な間隔を維持します。適切な間隔を保つことで、信号が互いに干渉することがなくなり、全体的なパフォーマンスが向上します。

高度なシミュレーションとモデリング技術の活用

高度なシミュレーションおよびモデリング技術により、高周波 PCB を設計および最適化してパフォーマンスを向上させることができます。

シミュレーションツール

高度なシミュレーション ツールを使用して PCB 設計をモデル化し、信号の整合性、熱管理、電磁干渉を分析します。HFSS や ADS などのツールは、高周波 PCB 設計によく使用されます。

設計の検証

シミュレーションを通じて設計を検証し、製造前に潜在的な問題を特定して解決します。これにより、設計を最適化してパフォーマンスと信頼性を向上させることができます。

熱管理と信号の整合性の確保

高周波 PCB の信頼性の高い動作には、効果的な熱管理と信号の整合性が不可欠です。

熱管理

効果的な熱管理技術を実装して熱を放散し、安定した動作を維持します。ヒートシンク、サーマルビア、適切な材料選択を使用して、熱を効率的に管理します。

シグナルインテグリティ

PCB 設計で高い信号整合性が維持されることを確認します。インピーダンス整合、適切なルーティング、ビアの最小化などの手法を使用して、信号損失を減らし、正確なデータ伝送を保証します。

高周波PCBの用途

高周波 PCB は、それぞれ独自の要件を持つさまざまな業界やアプリケーションで使用されています。

高周波 PCB アプリケーション

通信およびネットワーク機器

通信これらの PCB は、高速で信頼性の高い通信を確保するために不可欠です。携帯電話基地局、衛星、さまざまなネットワーク機器で使用されます。高周波 PCB は、現代の通信システムに必要な膨大なデータ負荷を処理し、シームレスな接続を保証します。

航空宇宙および防衛システム

航空宇宙産業は、レーダー システム、通信デバイス、ナビゲーション機器などの重要なアプリケーションに高周波 PCB を使用しています。高周波 PCB の信頼性と効率性により、航空宇宙技術の安全性と有効性が確保されます。防衛分野では、ミサイル誘導や高度なレーダー技術など、パフォーマンスと信頼性が最も重要となる高度なシステムに高周波 PCB が使用されています。

医療機器

医療分野では、高周波 PCB が診断および監視機器に使用されています。高周波 PCB は、正確な診断と患者の監視に不可欠な、正確で高速なデータ処理を可能にします。MRI 装置、CT スキャナー、超音波装置は、信頼性が高く正確な結果を提供するために、これらの高度な PCB に依存しています。

自動車用レーダーシステム

自動車産業 高周波 PCB は、衝突回避用レーダー システム、GPS ユニット、先進運転支援システム (ADAS) など、さまざまな安全システムやナビゲーション システムに使用されています。これらの PCB の信頼性と速度により、車両の安全性と性能が向上し、自動運転技術の開発に貢献しています。

産業用および消費者向け電子機器

高周波 PCB は、産業オートメーション システムから日常の民生用電子機器に至るまで、高速データ処理と信頼性の高いパフォーマンスを必要とするデバイスで重要な役割を果たします。 

スマートフォン、タブレット、ゲーム機などの民生用電子機器の処理速度とパフォーマンスが向上します。産業環境における自動化、ロボット工学、高速データ処理システムをサポートします。

結論

高周波 PCB は、優れた性能と信頼性を備え、現代の電子機器にとって不可欠です。GlobalWellPCBA は、さまざまな業界の需要に合わせてカスタマイズされた高品質の PCB ソリューションを提供します。

今すぐお問い合わせください 当社の高周波 PCB ソリューションとそれがお客様のテクノロジーをどのように強化できるかについて詳しくご覧ください。

PCB/PCBA/OEM が必要ですか?今すぐ無料見積もりを入手してください!

jaJapanese